タスマニアおすすめペンギンスポットベスト9

タスマニアの観光情報
タスマニアの観光情報

南半球にあるタスマニア島。オーストラリア大陸の南東に位置するこの島はペンギンが見られる島としても有名です。

今回の記事はタスマニアでのペンギン観察場所としておすすめのスポットをお教えします。

どんなペンギンがみられるの?

タスマニアで見られるペンギンはリトルペンギンという種類です。

タスマニアおすすめペンギンスポット

タスマニアはビクトリア州やニューサウスウェールズ州よりも長い2,833 kmの海岸線を持っています。この長い海岸線の多くでリトルペンギンを観察することができます。

ここに記載されていない浜辺でもペンギンたちが上がってくる浜辺は沢山あります。そういった浜辺でたまたまペンギンたちと出会っても決してさわったり、捕まえたり、懐中電灯などの強い光線を当てないでください。彼らはとても臆病な生き物です。大きな音をたてたりせずにじっとして、彼らが自分たちの巣穴へ帰っていくのを見守ってあげてください。

いくつかのペンギンスポットではシーズン中に観光客とペンギンたち両方の安全のためにボランティアがガイドしてくれる場合があります。ボランティアガイドの指示には必ず従ってください

それではペンギン観察おすすめスポットをご覧ください。

タスマニア東海岸

おすすめその1 ビシェノ(Bicheno)

ビシェノペンギンツアー(Bicheno Penguin Tours)

タスマニアでのペンギンツアーで一番有名なのがビシェノペンギンツアー(Bicheno Penguin Tours)でしょう。このツアーは有料です。彼らが保有している土地にはペンギンたちのコロニーがあり、ピーク時には毎晩600羽のペンギンたちが海から陸へ戻ってきます。ペンギンガイドの説明を聞きながら海から浜へ上陸してくるペンギンたちや親ペンギンを待つ子ペンギンを観察できます。

DIYペンギン観察

ビシェノにはいくつかペンギン観察に適したビーチがあります。薄暗くなってきたらビーチへ行ってペンギンたちが海から上がってくるのをじっと待ちましょう。

レッドビルビーチ(Redbill Beach)

ビシェノの街の北部にあるビーチ。ビーチの北側はペンギンツアー会社のエリアになります。

ワウブスビーチ(Waubs Beach)

ビシェノの街の中心にあるビーチ。街から簡単にビーチへでられます。

潮吹き岩周辺(Bicheno Blow Hole)

ビシェノの目玉観光地のひとつ、潮吹き岩周辺の岩場もペンギンスポットです。

おすすめその2 ブルーニー島(Bruny Island)

ホバートの街から車で南へ約45 分、ケッタリング(Kettering)の街とダントルカストー海峡(D’Entrecasteaux Channel)で隔てられているのがブルーニー島です。ブルーニー島へはケッタリングから出ているフェリーで30分弱。ブルーニー島の北側と南側をつなぐザ・ネック(The Neck)”はペンギン観察でも有名なところです。ペンギン観察用プラットフォームが設置されています。

タスマニア北部

おすすめその3 ロウヘッド(Low Head)

ローンセストンから車で北へ約45分のドライブでいけるのがロウヘッドのペンギンツアー。ロウヘッドのペンギンツアーについては以下の記事を参照してください。このツアーは有料です。

おすすめその4 ポートソレル(Port Sorrel)

ナラウンタプ国立公園(Narawntapu National Park)の隣にあるポートソレル。この街は別荘地として、そして最近ではデボンポート郊外の住宅地として近年人口が増えてきています。ここにあるホーリービーチ(Hawley Beach )フリアービーチ(Freers Beach)にも数は多くなくともペンギンたちが住んでいます。

おすすめその5 リリコビーチ(Lillico Beach)

メルボルンとの間のフェリー発着港であるデボンポート(Devonport)から車で西へ10分。リリコビーチでのペンギン観察は地元からも観光客からも評判の良いスポットです。ビーチの東側にはペンギン観察展望台が設置されています。”The Friends of Lillico Penguins”という保護団体がペンギンケアのお手伝いをしています。

おすすめその6 ペンギン(Penguin)

大きなペンギン像が出迎えてくれる街ペンギン。ペンギン像の下に広がるペンギンビーチ(Penguin Beach)の南端がペンギンスポットになっています。ここから東へ4~5 km離れたところにあるスリーシスターズ(Three Sisters)の辺りはペンギンポイント(Penguin Point)と呼ばれペンギンスポットです。しかし道路が狭く蛇行しているために駐車スペースはとても狭いので出かけるときは注意してください。

おすすめその7 バーニー(Burnie )

街の中心からから海岸沿いをボードウォークが西へ向かって続いています。ボードウォークの終点にあるのがリトルペンギン観察センター(Little Penguin Observation Centre)。10月1日から3月31日のペンギンシーズンには”Friends of Burnie Penguins”のボランティアが無料ガイドを行っています。

おすすめその8 スタンレー(Stanley)

タスマニア北西部の街スタンレー。この街は”ナット(The Nut”と呼ばれる大昔の火山跡がとても有名です。この”ナット”の麓、墓地と海の間にゴッドフリーズビーチペンギン観察台(Godfrey’s Beach Penguin Viewing Platformがあります。車椅子でのアクセスも可能な観察台になっています。

タスマニア西海岸

おすすめその9 ストローン(Strahan)

タスマニア西海岸の街ストローンはマッコーリーハーバー(Macquarie Harbour)からゴードンリバー(Gordon River)へのクルーズが人気の街です。マッコーリーハーバーの北端にあるマッコーリーヘッド(Macquarie Head)の先に浮かぶ島、ボ(ン)ネット島(Bonnet Island)には多くのペンギンが帰ってきます。残念ながら船がないとアクセスできません。しかしマッコーリーヘッドからぐるりと歩いてオーシャンビーチへ行くことができます。オーシャンビーチの南端辺りは巣穴を作っているペンギンがいるのでペンギンを見ることができる可能性があります。

最後に

タスマニアではリトルペンギンをはじめとした珍しい動物や可愛い野鳥たちが生息しています。皆さんも是非タスマニアへ遊びに来てください。

タスマニア旅行などに関するご質問やご相談はどうぞお気軽に!