1 million years agoって何年前? 1 million dollersっていくら?

英語でのツアーに参加している時、ガイドさんが数字を使って説明してくることがよくあります。

例えば「この洞窟は1ミリオンイヤーズ前にできました。」、とか、「あの邸宅は1ミリオンドルです。」、とかです。

あなたはそんな時に咄嗟に頭の中で数字の変換ができていますか?

瞬時に変換、とはいかないまでも数字の変換に役立つヒントがあります。

みなさんご存知の通り、英語での桁の区切り方と日本の桁の区切り方は違います 。まずはそのあたりから見ていきましょう。

スポンサーリンク

日本語での数字の取り扱い方

日本語での数字の桁区切り

日本語で数字の桁を順に読んでみましょう。

一、十、百、千、万、十万、百万、千万、億、十億、百億、千億、兆、……。

日本語では数字を扱うとき4桁区切りで読みます。

表記する際の桁区切り

しかし表記するときには1、1,000、1,000,000、1,000,000,000……。

このように3桁区切りでの表記方法をとっています。

読み方が4桁ごとで表記が3桁ごとでちょっとわかりづらくなってしまっています。

この表記方法は戦後1952年に内閣が各省庁宛に発出したもので 、大きな数は3桁ごとにコンマで区切るようにとの通達があったそうです。

ただ3桁ごとの表記方法に関しては、かの福沢諭吉翁が最初に欧米から日本に持ち込んだといわれています。

英語での数字の取り扱い方

それでは英語で数字の桁はどうなっているのでしょうか。

1(one)、10(ten)、100(hundred)、1,000(thousand)、1,000,000(million)、1,000,000,000(billion)、1,000,000,000,000(trillion)……。

ご覧のように1,000ごと、つまり3桁ごとに単位が用意されています。

日本語のように読むときは4桁ごとで表記は3桁ごとに、などと違いシンプルでうらやましい限りです。

数字を変換しよう

英語のネイティブの人たちは上記の3桁ごとの単位というのが当たり前になっています。

対して日本人は表記こそ3桁ごとをとっていますが、普段の会話では4桁ごとの単位で数字を考えています。

ここで最初の話に戻ります。

英語ツアーでガイドさんが喋っている時に数字が出てきて頭の中でいち、じゅう、ひやくなどと考えていたらあっという間に説明から置いてけぼりになってしまいます。

ではどうしたらいいのか。

残念ながら魔法のような方法はありません。

しかしコツのようなものならあります。

thousand=1,000=1000
million=1,000,000=100万
billion=1,000,000,000=10億
trillion=1,000,000,000,000=1兆


上記4つを覚えるのが一番の近道になります。

コツとしては、thousand(千)→million(万)→billion(億)→trillion(兆)と単位が増えていく順番で千は1000として以降、100→10→1と単位につく数字が一桁ずつ少なくなっていくと覚えるといいかもしれません。

1 thousand → 1 million → 1 billion → 1 trillion
1000 →100(万)→ 10(億) → 1(兆)

この4つの関連性を覚えるのが一番なのですが、あえてこの中からひとつだけ選ぶとすると

million=100万が覚えるべき単位になります。

billionやtrillionという単位は、国家予算だとか金融市場などの経済分野や天文学などでは結構頻繁に出てくる単位かもしれません。

しかし観光客としてガイドの説明を受けるときは生物や地質、歴史などの分野が多くmillion=100万を押さえておけばたいていは事足りるでしょう。

million=100万をまずは覚えて余力があればbillion=10億、trillion=1兆も覚えていきましょう。

ドルから円へ

それではドルから円への換算の場合を見てみましょう。

まず大前提として1ドル=100円と考えるとわかりやすくなります。

為替レートは考慮しません。

覚えておくのは1ドル=100円ということはドルに対して円は桁が2つ上がるということ。

それと先ほどと一緒でmillion=100万

この2つを覚えておけば大丈夫です。

one(1)million dollarsといわれたら100万より桁2つあがるので億、1億円になります。

ここで1 million dollars=1億円、と覚えればいいんじゃないかとお思いでしょう。

しかしここにちょっとした落とし穴があります。

1 million dollars=1億円と覚えると通貨以外の数字を考えるときに間違いを起こしやすくなる可能性があります。

1 million years agoといわれた時につい1億年前と間違った変換をしやすくなります。

もちろん正解は100万年前ですが、million=億と間違った記憶がされる危険があります。

ここはやはりmillion=100万で行きましょう。

そしてドルから円の場合は桁が2つ上がる、と覚えておきましょう。

英語でのちょっとかわった数字の表し方

英語ネイティブの人たちと話しているとeleven hundredとかtwenty-five hundredなどといわれることがあります。

11百、25百ってなんだよって最初は思いますが数字で書くと11002500のこと。

正確にはone thousand one hundredtwo thousand five hundredと言うところなのでしょうがはっきりいって面倒くさい。

それよりも百の位でまとめてしまった方が言いやすいので、こういった言い方にになります。

しかしこれはninety-nine hundred(9900)までで10,000はten thousandです。決してone hundred hundredにはなりません。

まとめ

記事タイトルの”1 million years agoって何年前? 1 million dollersっていくら?”の正解ですが先述した通り、

1 million years ago=100万年前
1 million dollars=1億円


になります。

ここでもう一度覚えるべき単位を言うと

million=100万

そして

ドルから円は桁が2つ上がる

です。

決して1 million=1億と間違って記憶しないようにしてください。

海外旅行のヒント
スポンサーリンク
Follow us!
わくわくタスマニア
タイトルとURLをコピーしました