1 million years agoって何年前? 1 million dollersっていくら?

海外旅行に役立つ?雑学
海外旅行に役立つ?雑学

英語でのツアーに参加している時、ガイドさんが数字を使って説明してくることがよくあります。

例えば「この洞窟は1ミリオンイヤーズ前にできました。」、とか、「あの邸宅は1ミリオンドルです。」とかです。

あなたはそんな時、咄嗟に頭の中で数字の変換ができていますか?

この記事では数字の変換に役立つヒントを公開しています。

日本と英語の数字の取り扱い方の違い

みなさんご存知の通り、英語での桁の区切り方と日本の桁の区切り方は違います 。まずはそのあたりから見ていきましょう。

日本語での数字の桁区切り

日本語で数字の桁を順に読んでみましょう。

一、十、百、千、万、十万、百万、千万、億、十億、百億、千億、兆、……。

日本語では数字を扱うとき4 桁区切りで読みます

しかし表記するときには1、1,000、1,000,000、1,000,000,000……。

このように3 桁区切りでの表記方法をとっています。

日本語では読み方が4桁ごとで表記が3桁ごとになっています

この表記方法は戦後1952 年に内閣が各省庁宛に発出したもので 、大きな数は3 桁ごとにコンマで区切るようにとの通達があったそうです。この3 桁ごとの表記方法、かの福沢諭吉翁が最初に欧米から日本に持ち込んだといわれています。

英語での数字の桁区切り

それでは英語で数字の桁はどうなっているのでしょうか。

1(one)、10(ten)、100(hundred)、1,000(thousand)、1,000,000(million)、1,000,000,000(billion)、1,000,000,000,000(trillion)……。

ご覧のように1,000ごと、つまり3 桁ごとに単位が用意されています。

数字を変換しよう

海外で英語でのツアー中、ガイドさんが喋っている時に数字が出てきて頭の中でいち、じゅう、ひゃくなどと考えていたらあっという間に説明から置いてけぼりになってしまいます。

ではどうしたらいいのか。

残念ながら魔法のような方法はありません。

しかしコツのようなものならあります。

  • 1 thousand=1,000=1000
  • 1 million=1,000,000=100万
  • 1 billion=1,000,000,000=10億
  • 1 trillion=1,000,000,000,000=1兆

上記4 つを覚えるのが一番の近道になります。

これはどういうことかというと、thousand→million→billion→trillionと単位が増えていく順番で、1000→100→10→1と単位につく数字が一桁ずつ少なくなっているのです。

1 thousand → 1 million → 1 billion → 1 trillion
1000 →100(万)→ 10(億)→ 1(兆)

この4つの関連性を覚えておくととても便利です。
しかしあえてこの中からひとつだけ選ぶとすると1 million=100万を覚えましょう。

1 million=100万をまずは覚えて余力があれば1 billion=10億、1 trillion=1兆も覚えていきましょう。

Amazonギフト券 ボックスタイプ – 金額指定可

ドルから円へ

ここからはお金の換算についてです。ドルから円への換算を見てみましょう。

まず大前提として1ドル=100円と考えるとわかりやすくなります。為替レートは考慮しません。

覚えておくのはドルに対して円は桁が2つ上がるということです。それと先ほど覚えた1million=100万という単位。

上記を踏まえると1 million dollarsは100万ドルということになります。これを円に換算するには、100万より桁を2つ繰り上げればいいので1 億円になります。

ここで 1 million dollars=1 億円、と覚えればいいんじゃないかとお思いでしょう。しかしここにちょっとした落とし穴があります。

1 million dollars=1 億円と覚えると通貨以外の数字を考えるときに間違いを起こしやすくなる可能性があります。1 million years agoといわれた時につい1 億年前と間違った変換をしやすくなります。もちろん正解は100万年前ですが、million=億と間違った記憶がされる危険があります。

ここはやはり1 million=100万で覚えるのが安全です。そしてドルから円の場合は桁が2つ上がる、と覚えておきましょう。

かねふく 辛子明太子 切れ子 無着色 並並切 めんたいこ 1kg

英語でのちょっとかわった数字の表し方

英語ネイティブの人たちと話しているとeleven hundredとかtwenty-five hundredなどといわれることがあります。

11百、25百ってなんだよって最初は思いますが数字で書くと11002500のこと。

正確にはone thousand one hundredtwo thousand five hundredと言うところなのでしょうがはっきりいって面倒くさい。

それよりも百の位でまとめてしまった方が言いやすいので、こういった言い方にになります。

しかしこれはninety-nine hundred(9900)までで10,000はten thousandです。決してone hundred hundredにはなりません。

まとめ

記事タイトルの”1 million years agoって何年前? 1 million dollersっていくら?”の正解ですが先述した通り、

1 million years ago=100万年前
1 million dollars=1億円

になります。

ここでもう一度キーとなる単位を言うと

1million=100万

そして

ドルから円は桁が2つ上がる

決して1 million=1 億と間違って記憶しないようにしてください。

英会話で数字がわかる! (CD付)
クロスメディア・ランゲージ(インプレス)
¥1,738(2020/08/15 14:35時点)