【海外旅行の必携アイテム】スーツケースの重量オーバーでアタフタしないために

海外旅行に役立つ?雑学

旅先での荷造りに必携アイテム

楽しい海外旅行。

海外の街を歩いているとあれこもこれもと欲しいものがどんどん出てきます。

この品物は日本では手に入らないものだ!

こんなに安くなってる!

などとお買い物を楽しんでいると、「お土産を買いすぎちゃった!!」なんていうこともよくある話。

気が付いてみるとスーツケースがかなり重たくなっている。

あら、こんなに重たくって帰りの飛行機大丈夫かしら?

そんなときにあると便利なのがバッグ用の吊りはかり

各社よりコンパクトな吊りはかりが発売されています。

これをひとつ持っているとホテルのお部屋でスーツケースや手荷物の重さをはかりながら荷造りができます。

旅行中こまめに重さをはかっていればあとどれぐらいお土産物が買えるかもわかります。

スーツケースが重たくなりすぎて空港であわてることもありません。

まさに海外旅行の必携アイテムです。

オーストラリアの航空各社の機内手荷物重量確認の強化について

オーストラリアでは飛行機内への手荷物の制限が大変厳しくなっています。オーストラリアへ旅行される方たちは各航空会社の規定を事前にチェックして規定重量内に収まるように手荷物をご用意ください。

以下にメルボルン総領事館よりの注意喚起メールを一部抜粋して添付します。

オーストラリアの航空各社は、機内持ち込み手荷物の重量確認を強化しています。
国内便では既に実施しており、自動搭乗手続き後、手荷物(2個以上は特に)を持って搭乗する場合には注意願います。 オーストラリアの航空各社は重量確認を徹底すると発表しました。

手荷物が最大7キロを超えていないか厳しく確認する方針を明らかにし、国内便では既に実施されており、搭乗ゲートの手前で重量及びゲージにてサイズの確認を既に実施しています。

このため手荷物に関する問題が発生し、出発が遅れるケースも増加しているとのことです。

航空各社では、搭乗クラスに応じて1個当たり最大7キロまでに加えて個数の制限もありますので手荷物を機内持ち込みする際には、出発ゲートにて手荷物の重量・寸法確認を受け、7キロを超えた場合は機内への持ち込みはできず、預け入れ荷物として扱われますので、事前に各航空会社のHP等で確認することが必要です。

国内線では乗客が飛行機への搭乗手続き前に担当者が手荷物重量・寸法の確認を実施しています。

飛行機を利用される方は、事前に各航空会社の規定をチェックし搭乗時にトラブルとならないようご注意下さい。

最後に

せっかくの楽しい海外旅行。なるべくトラブルフリーで気持ち良く旅行したいものです。

ちょっとくらいの重量オーバーだから大丈夫、以前来たときは重量オーバーでも平気だったなど、甘く見ていると思わぬ出費が搭乗カウンターで待っているかもしれません。

皆様、ご注意を!

タイトルとURLをコピーしました