オーストラリア本土からタスマニア島への行き方

タスマニアについて
タスマニアについて

オーストラリア大陸の南東に浮かぶタスマニア島。オーストラリア大陸とタスマニア島の間はバス海峡という海で隔てられています。そのためオーストラリア大陸からタスマニア島へ行くには飛行機か船を利用するしかありません。

この記事では タスマニアの空港やタスマニア便のある航空会社、フェリー便などについて解説しています。

空路タスマニアへ

現在、海外から直接タスマニアへ入るフライトはありません。逆のパターン、タスマニアから直接海外の空港へ行くフライトもありません。そのため日本からタスマニアへ行くにはオーストラリア本土の空港を経由する必要があります。

*2020年、ニュージーランドとタスマニアの間でダイレクトフライトを飛ばそう、という計画があります。

タスマニアの空港

現在タスマニアにある空港は下記表のとおりです。

空港名所在地備考
ホバート国際空港ホバート(ケンブリッジ)タスマニア州都ホバートの空港。規模も利用客数も州内一番。
ローンセストン空港ローンセストンホバート国際空港に次ぐ規模。北部タスマニアの中心空港。
デボンポート空港デボンポートメルボルンとの間のフライトが1日4本~5本。
バーニー空港ウィンヤードメルボルン便に加えローンセストン便とキング島への便がある。
ケンブリッジ飛行場ホバート(ケンブリッジ1956年までのホバートのメイン空港。遊覧飛行や航空クラブの小型機発着がメイン。ストローン便あり。
ジョージタウン空港ジョージタウン主にプライベート飛行のための飛行場。
スミストン空港スミストン主に貨物用。
セントへレンズ空港セントへレンズ主に貨物とプライベート飛行用。
ストローン空港ストローンケンブリッジ空港との間に週3便あり。
フリンダース島空港ホワイトマークローンセストン便とメルボルン便あり。
キング島空港
カリーメルボルン便、ローンセストン便、バーニー便あり。

表をみてもらうとわかる通り、現在タスマニア州内には11の空港・飛行場があります。
そのうちタスマニア本島内でオーストラリア本土との旅客用定期便がある空港はホバート、ローンセストン、デボンポート、バーニーの4つ。バーニー空港を利用する機会はあまりないと思いますので、ホバート国際空港ローンセストン空港、それとおまけでデボンポート空港の3空港が観光で訪れる際に利用する3大空港ということになります。

タスマニア3大空港への乗り入れ航空会社と行き先

ホバート国際空港

ジェットスター航空アデレード
ブリスベン
メルボルン
シドニー
カンタス航空メルボルン
シドニー
ブリスベン(時期による)
カンタスリンクシドニー
タイガーエアゴールドコースト
メルボルン
ヴァージン航空ブリスベン
メルボルン
パース
シドニー

ローンセストン空港

ジェットスター航空ブリスベン
メルボルン
シドニー
カンタスリンクメルボルン
ヴァージン航空ブリスベン
メルボルン
シドニー
シャープ航空バーニー
フリンダース島
キング島
エアラインオブタスマニアケープバロン島

デボンポート空港

カンタスリンクメルボルン

タスマニア3大空港へのフライト時間

3大空港とシドニー及びメルボルン間のフライト時間をみてみましょう。

ホバート国際空港メルボルン
シドニー
1時間05分
1時間45分
ローンセストン空港メルボルン
シドニー
55分
1時間45分
デボンポート空港メルボルン
シドニー
1時間05分
なし

フライト利用のまとめ

タスマニア3大空港へのフライトを考える場合、便数が多いのはメルボルン便、次いでシドニー便になります。他の都市は便数が少なかったり、週に2~3便程度のこともありますのでご注意ください。

オーストラリア本土を観光せずに直接タスマニアへという方は、メルボルン経由でタスマニアへ入るのが便利です。メルボルンとタスマニアの間は便数が多くフライト時間も短い。更にメルボルン空港は国際線ターミナルと国内線ターミナルが同じ建物内なので移動が楽です。シドニー空港は国際線と国内線の建物が離れておりバスやタクシー、電車での移動が必要です。

Expediaでタスマニア旅行をアレンジする

海路タスマニアへ

タスマニア北部の街デボンポートとメルボルンの間を毎日フェリーが運航しています。フェリーに乗船してのタスマニア旅行はクルーズ気分も味わえてお得感があります。

スピリットオブタスマニア号

メルボルンとデボンポートの間を毎日往復しているスピリットオブタスマニア(Spirit of TasmaniaTT-LIne Companyというタスマニア州政府が保有している会社が運行しています。フェリーはスピリットオブタスマニア号1号、2号の2隻がありメルボルン、デボンポートの間をお互い行き来しています。

メルボルン、デボンポート共にフェリー出発時間は夜7時30分到着時間は翌朝6時です。夏の間の9月から4月、夜行便に加えて昼行便も週末を中心に運行されます。その場合、朝8時30分(9時50分)出発で夕方6時10分(7時30分)着と夜9時10分(10時30分)発で翌朝6時50分(8時10分)着の2便が運行されます。

料金はちょっとお高めです。船旅になりますので、運賃に加えキャビンの種類によって値段がかわってきます。

運航スケジュールや料金は変更になることがありますので詳細に関しては、Spirit of Tasmaniaのホームページをご覧ください。

最後に

オーストラリア本土とタスマニアの間はフライト時間だけを見ると遠くありません。ただ日本から直接タスマニアへ行こうとすると思ったより時間がかかってしまいます。オーストラリアで国際線を降りてから入国審査を経て荷物をピックアップ、そしてまたタスマニアへのフライトチェックイン。この手間に加えてフライトにもよりますがタスマニア便までの乗り継ぎ時間が結構長いということがあります。

苦労を乗り越えて辿り着いたタスマニアはあなたの期待を裏切りません。雄大な自然とユニークな動物たち、豊かな食材に暖かいおもてなし。タスマニアは皆さんのお越しを心よりお待ちしています。

わくわくタスマニアではタスマニアのすべての空港、港からのツアーに対応しています。タスマニア旅行のことなら何でもお気軽にお問い合わせください。